正常眼圧緑内障

2020年10月26日 (月)

正常眼圧緑内障の経過(2020年10月)

土曜日の夜に目薬を差そうと思ったら液が落ちてこないのでクリニックへ出かけました。眼圧値は15mmHgと13mmHg。前回は両眼とも16mmHgだったので、また下がってくれました。視神経乳頭部の状態は今年1月と比べて変化なしでした。先生からは、正常範囲内でも眼圧を低く抑えていたほうが、5年10年先の緑内障予防によいですよ。と言われました。10年先は74歳。私は後期高齢者の75歳まで生き延びたいので治療の継続に意味はあるかもしれません。

今日は「眼底三次元画像解析」という検査があったので前回より診療費は600円増しの1,960円です。Img_2275

処方された目薬は前回と同じミケルナ2.5mL入り2本で1,500円です。説明書には開封後1ヵ月を経過したら使わないこととありますが、もちろん最後の1滴まで使うので1本を約1ヵ月半くらい使用します。
Img_2276

先生からは効率的で上手に点眼されていますね。とお褒めの言葉をいただきましたよ。どうも自覚症状がないと毎日目薬を差すのは面倒なのです。でも、頭の血管が切れる前の前兆が眼底に現れるかもしれませんので、定期的に検査して頂こうと思います。

2020年7月14日 (火)

正常眼圧緑内障の経過(2020年7月)

処方された目薬が切れそうなので3ヶ月ぶりの眼科通院です。待合室のテレビには三鴨先生が映っています。悪役顔なのですっかり覚えてしまいました。すると突然ニュース速報で「東京都の感染者が143人」。隣に座っていた(間に×印テープが張ってあるので1マスあいてますけど)ちょっとご高齢の婦人が「いやだわ~」という感じでした。

診察内容は視力と眼圧、眼底の検査。眼圧は両眼とも16mmHgで前回の17から少々下がりました。
20200714_2179
診察料は前回と同じく1,360円でした。

今回の処方は前回と同じ薬です。
20200714_2181

説明書には「開封後1ヵ月を経過したら使用しないこと」とありますけど、もったいないので最後の一滴まで使います。1本で1ヵ月半以上持ちますよ。お薬代は1,500円で前回と同じ薬なのに40円高くなっています。
20200714_2180
薬剤明細を見ると、「薬学管理料」が3ヵ月以上経過すると43点から57点に増えてしまうのですね。

眼科の通院は気楽に行けるのですけど、来週は前立腺がんの定期健診でちょっと不安です。ホルモン治療を中断して5ヵ月になります。男性ホルモンは復活しているのでしょうね。でも性欲は全然ありませんけどね。

2020年4月 3日 (金)

正常眼圧緑内障の経過(2020年4月)

2月に通院した時に処方された目薬が少なくなったので眼科クリニックへ行きました。入口のドアを開ける際、ひじを使わず指で押してしまいました。まだまだ修行が足りません。

診察内容は眼圧、視力、スリットM、眼底検査です。1月初めから眼圧を下げる目薬を使用していますが、当初の20mmHgが17mmHg程度に下がっているようです。正常値は10~20くらいで範囲に収まっていますけど、さらに下げた方が良いらしいです。

今日処方された目薬はまたまた新しいものでした。
20200403_320x295
今回は2本処方されたので約2ヶ月間は通院する必要はありません。このご時世ですから通院はできるだけ避けたいです。
20200403_640x129
薬の成分は前回処方されたものと前々回のもの両方の成分が含まれているそうです。まあ色々なものがあります。それだけ緑内障に関して需要が多いということでしょうか。治療費は3割負担で1,360円、薬代は1,460円でした。

薬局に入るとき、またドアのボタンを指で押してしまいました。緊張感のなさというか老人ボケなのか困ったものです。私の住んでいる自治体は来週から小中学校を「暫定再開」するそうです。11平方キロの狭い面積に15万人近い住民で人口密度はやたら高いのですが、田舎なので感染者数は数名で少なく「蔓延していない」と判断したようです。大丈夫でしょうか。もっとも近くの公園では子供たちのグループが思いっきり声を出して遊んでいます。感染リスクは学校でも変わりないかもしれません。

2020年2月17日 (月)

正常眼圧緑内障の経過(2020年2月)

1月初めに受診した眼科で診断された「正常眼圧緑内障」ですが、処方された目薬が切れそうなので行ってきました。今回は視力と眼圧、それに眼底検査のみです。先生の診断は、予想していたほど眼圧が下がっていないのでもう少し下げたい。との事で、別の薬を処方されました。

ミケランLA点眼液2%です。
Img_1846s

薬の説明書には、ちょっと怖そうな副作用が書いてあります。
Img_1847s
交感神経に作用するので脈が遅くなるとか‥

それより気になるのは後発薬があり、かなり薬価が下がるはずですが処方箋では後発はダメとなっているので、先発薬を使用することになりました。800円です。それでも先月処方されたタプロス点眼液の1,170円よりは負担が少なくなりました。ただしタプロス点眼液はまだ2~3日分残っているので一か月半ほど使用できます。今度のミケラン点眼液は容量は同じですが「開封後4週間経過したら残液を使用しないこと」と袋に書いてありました。
Img_1848s
まあ、読まなかったことにして使い切ることにしましょう。今回の診療費1,530円と合わせて2,330円もかかってしまいました。

ところで眼圧の測定に使う機器ですが、風を吹きかけるだけで正確な値を測れるのでしょうか。医療機器ですから有用なデータを得られるのでしょうけど不思議に思ってしまいました。

2020年1月19日 (日)

正常眼圧緑内障と診断されました

数か月前からでしょうか、朝起きると左目の隅がなんか痒く充血していることが時々あります。数日前、2日続けてあったので結膜炎かなと心配になり眼科を受診しました。結果は「結膜下出血」という症状で繰り返さなければ放っておいて大丈夫だそうです。

最近眼科検診をしたかと聞かれ、10年くらい前に結膜炎、4年前に前立腺がんの手術前に緑内障の検査をしました。と言ったら、それではということで一連の検査をされてしまいました。そして先生からちょっと申し訳なさそうに「正常眼圧緑内障」ですと診断されてしまいました。

緑内障といえば眼圧が高くなり視神経が悪くなる病気と思っていましたが、眼圧が低くても視神経が弱いと傷んでしまう人がかなりの割合でいるそうです。私の場合は左目に症状が出始めていて、先生からは、あなたは若くて(*゚ω゚) 先が長い(´-ω-`)から今から治療を始めた方がよい。一日一回目薬をさすだけですよ。と優しく言われてしまいました。

処方されたのはタプロス点眼液0.0015%という目薬です。通常の緑内障用ですが、より眼圧を下げることで正常眼圧緑内障にも効果があるそうです。副作用としてまつ毛が濃くなったり伸びてくることがあるそうですが、性ホルモンは含まれていないし、まつ毛の濃い長いは性ホルモンとは関係ないようです。
Img_1762s
診断と検査で5,000円。目薬に後発品はなく1,170円もかかりました。薬は一か月もたないようでまた診察と薬局に行かなければなりません。

毎年自治体の特定検診を受けていますが、眼科の検診はありませんでした。二年前に県外へ引っ越して特定検診を受けたところ、眼科検診オプションがあり500円で受診できます。面倒なので受けませんでしたけど受診していれば今回の検査料は節約できたかもしれませんね。

ところで、眼科クリニックをネットで探していると「白内障日帰り手術」を主に宣伝しているところでいっぱいです。こんなに需要があるのかとビックリしました。そんなところに私が行っては場違いそうなので、受診したクリニックは対応していないところで、地元の小学校の校医さんも務めていて優しそうな先生なので選びました。症状があれば医療機関を紹介してくれるそうです。

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

参加ブログカテゴリー

無料ブログはココログ