園芸

2021年2月27日 (土)

コンニャクが開花しました

2月初め頃から伸びてきたコンニャクの蕾がやっと開花しました。
Img_2448s
開花と言うか、仏炎苞と呼ばれる部分がちょっと開いてきた感じです。まだ芳香を放ってはいません。お芋の付け根から先端まで91cmあります。昨年は85cmでしたので少し長くなりました。

昨年は植木鉢に植えて開花させましたけど、開花後に掘り起こしてみたら根は伸びていなかったので、今年は植えていませんし水やりもしていません。

立派なお芋ですが、さすがにこれだけの花を咲かせると消耗するようです。
Img_2449s
少し内側に凹んでしまいました。
花が咲き終わったらプランターに植えます。暖かくなると大きな葉が伸びてきて、秋までせっせと光合成をおこないお芋を太らせます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2021年2月 9日 (火)

毎年咲くコンニャクの花

昨年収穫したコンニャク芋から花芽が伸びてきました。30cm近くあります。
Img_2409
花芽の先端が包皮から少し顔を出しています。昨年も感じましたが、なんか動物のペニスが勃起してきた感じでエロチックですね。私は手術時に神経を残してもらったはずですけど全く勃起しません(´・ω・`)
芋は昨年より一回り大きくなりましたので、今年はさらに大きく香しい花が咲いてくれることでしょう。

今日の午前中に近くのホームセンターの屋上へ富士山を眺めに行きました。
Img_3286
真っ白です。丹沢も雪が付いています。丹沢山付近の草原でスキーができるでしょうね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年11月 1日 (日)

コンニャク芋の掘り起し

夏に立派な葉を広げていたコンニャク。
Img_2188

秋になると黄ばんできたと思っていたら一気に枯れてきたので掘り起こしました。
Img_2282
枯れた茎をとると立派な芽が生えていて、生子(きご)と呼ばれる小さな芋が1つ伸びていました。親芋は直径12cmくらいで生子は1.5cm程度です。親芋は今年2月終わりに鉢植えにした時点で10cmもなかったので一回り大きくなりました。

Img_2286
根は芋の上部から伸びていて、下部は私の禿げた頭と同じで、ほとんどつるつるの状態で少しもじゃもじゃしている程度でした。30cmの大きめの鉢に植える必要はなかったかもしれません。根から養分というより大きな葉で光合成で太るのでしょうか。

この大きさですと来年も香しい花を咲かせるかもしれません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年4月 5日 (日)

再び芝桜にチャレンジ

昨年の5月連休明けに本栖湖近くの芝桜祭りに出かけました。
20200405_0710

帰りがけに売店で芝桜のポットを3鉢買ってきたのですけど…全部枯れてしまいました。水遣りが多すぎたのでしょうか、栽培は簡単といわれているのに残念でした。

最近近くを散歩していると、時々芝桜を玄関や塀のわきに植えている家を見かけます。普段は目立ちませんが、この時期花を付けるのでわかるのですね。近くの公園の花壇や地面にも咲いていました。
20200405_2034
20200405_2035

園芸店に寄ってみると、昨年枯らしてしまったひとつの「多摩の流れ」という品種があったので、ホームセンターより50円程高かったのですけど買ってきてしまいました。他に「ダニエルクッション」「エメラルドクッション」「さくら」の3品種で200円が4ポット計880円もしましたよ。

ネットで調べて、水はけがよい環境が適しているというので、園芸用土に川砂を2割混ぜて、鉢はスリット鉢に植えました。
20200405_2039

スリット鉢は1個178円で用土も一鉢あたり同じくらいです。芝桜より高くなってしまいました。無事根付いて来年も咲いてくれるでしょうか。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年3月 9日 (月)

ブルーベリーとサボテンを救出

引っ越す前はブルーベリーを10鉢ほど栽培していました。実をそのまま摘んで食べたり、ジャムにしたり。狭い家へ引っ越す際に、置き場所がないので実家に置いてもらいましたが、世話を十分してくれないので枯れてしまい、残り1鉢のみになってしまいました。

先日行ったときに「助けてくれ」と言っている気がしたので引き取ってきました。
20200309_1931
3年以上植え替えていないので用土の酸性も失われているでしょう。根をみると
20200309_1934
大丈夫です。腐っていませんし、それなりに張っていました。よく頑張っていました。

植替えの用土には、たくさん育てていた頃はカナダから輸入したピートモスと鹿沼土を混合して使用していましたが、一鉢だけですのでホームセンターで専用土を買ってきました。767円もしました。
20200309_1933

植替え終了。枝から新芽が出ているのでなんとか育ってくれるでしょう。
20200309_1936
品種はノーザンハイブッシュ系のスパルタンという種類で、暖かい地域でも育つように根本は接ぎ木になっています。

さて、今日のお仕事はもう一つ。サボテンの救出です。
20200309_1937
この子は30年以上前に、私が実家を出るときに置いてきぼりにした子です。2階の日当たりのよいベランダにホッタラカシにされていました。20年以上元気に育ち子供もたくさん作ったのですけど徐々に過密になり…この状態です。

生き残った子を小鉢に移して完了。
20200309_1939
救出なんで偉そうなことを書きましたが、私が捨てたわけで‥それを今になって拾ってきたわけなのですよ。

用土を買いに行ったホームセンターで見かけた紙の山。トイレットペーパー不足なんて話はどこの都会の話でしょう。田舎では有り余っているようですが、いちおう1ファミリーにつき1パックまでとなっていました。
20200309_1930

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年3月 1日 (日)

道端のクリスマスローズウォッチングです

運動不足なので散歩がてらに季節の花の写真を撮りに出かけました。公園は休日で子供たちでいっぱい。これから4月までずっと休みなので、平日も賑やかでしょう。
20200301_1903

花は咲いていますけど、人工的に作られた公園の花は味気ないです。目的を道端に咲いているクリスマスローズ探しに変更しました。20200301_1907

公園はもちろん個人宅の垣根のわきとか、そこら中に見つかります。あまり手入れがされていない花壇に咲いていると、なんかワイルドな感じでよいです。
20200301_1908

いろいろな品種があり、同じものは見つかりません。
20200301_1911

一体いつからクリスマスローズがこんなに育てられるようになったのでしょうか。
20200301_1910

日本には自生していなかった植物ですけど、世話がかからず重宝されているのでしょうね。
20200301_1909 

約1時間ほど、ほとんど休まず歩き続けました。
20200301_01

帰宅したらもちろん、うがいと手洗いを行い、ついでに使い捨てマスクも洗いました。
20200301_1913
最後にケチ臭い画像で失礼しました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年2月27日 (木)

コンニャクの花が枯れてしまいました

10日間ほど美しくエロい曲線で咲き誇っていたコンニャクの花ですが、数日前から萎れだしてついに枯れてしまいました。
20200227_1
2月23日、24日、そして今日の様子です。

お芋も萎んでしまったのでしょうか。掘り起こしてみました。
20200227_3
大丈夫です。開花前と変わらず固くしまっています。根っこは全然伸びていません。土が乾かない程度に湿らしていましたが、必要なかったかもしれません。

花の構造はこんな感じ。
20200227_2
上部の茶色いブツブツがおしべで下部の白っぽい部分がめしべでしょうか。

昨年、近くの植物園で咲いたコンニャクの花も同じように萎れてしまいました。
20200227_4

しかし今ではなんと縦横4mにも育っているのですよ。
20200227_5

再びプランターに植え戻して、暖かいところに置いて芽が出てくるのを待ちます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年2月14日 (金)

ついにコンニャクの花が開花しました。クリスマスローズも。

徐々に開いてきたコンニャクの花が開花しました。
Img_2788s
約80cmでお芋は5cmほど土の中ですから85cmくらいです。

花弁に見えるのは仏炎苞と呼ばれる部分で、実に美しい曲線です。数式で表現すると、どのような方程式になるのでしょうか。もう少し開いて来るかもしれません。
Img_2789s

仏炎苞の中には虫の卵みたいな白い粒々がびっしりついています。
Img_2790s
このツブツブが雄花で、さらに下にある白い部分が雌花の様です。雌花の放つ芳香に虫が誘われて雄花から雌花へ移動して受粉されるらしいです。暖かい場所がよいので自室に置いておきましたが、あまりの芳香に耐えられなくなり、リビングに移しました。開花が進むにつれ臭いも強くなってきたようです。

さて、今日の午前中は近くの植物園でクリスマスローズの展覧会が開催されているので見物に出かけました。Img_1833s

見物だけと決めておいたのですけど・・買ってしまいました。
Img_1836s
パピエ(papier)という名前がついた東京都の府中市にある園芸店が作出した品種だそうです。不思議な色合いに惹かれて買ってしまいました。

実は先日、梅見に出かけたときに地元の園芸農家が売りに出していたクリスマスローズも買っていたのです。
Img_1826s
これはゴールドネオンという品種です。

同じ品種でも株により違いがあります。面白いです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年2月 5日 (水)

フクジュソウの花が咲きました

プランターに植えてあるフクジュソウ(福寿草)が咲き出しました。蕾もいくつか顔を出しているので、次々と咲きそうです。
Img_1792s

2年程前に住んでいた家では庭に多くの草木がありました。自然が豊かなところで、近くの自然公園からタネが鳥や風で運ばれてきた山野草も生えていました。ヒトリシズカやハンゲショウとかシャクヤク(咲くのに何年もかかりました)も。なんとシラネアオイが咲いていたこともありました。

家主が家を売ると言い出して、仕方なく引っ越しました。今の借家は申し訳程度の庭がついていて、鉢植えは持ってきましたが、多くの地植えで育てた植物は泣く泣く捨ててきたのです。いまでは前の家は跡形もなく整地され、2軒の新築住宅が建っています。小さな子供がいる一家が住んでいるみたいで、自然豊かな環境で元気に育ってほしいです。

このフクジュソウは夏の日差しが強烈な場所で地植えで頑張って生きてきたもので、プランターに植え替えて半日向で管理したら以前よりも立派に育ってくれました。

さて、先日記事にしたコンニャクですが、4日間で1.5倍の60cm近くまで伸びてきました。
Img_1785s

仏炎苞と呼ばれる花弁が少し開き始め、付属体と呼ばれるこん棒状のものが伸びてきました。
Img_1789s
なんか動物のペニスみたいでエロチックです。手術で勃起しなくなった私の残念なものと違い元気そうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2020年2月 1日 (土)

コンニャクの花が咲きそうです

ときどき近くの道の駅へ野菜や花を買いに行きます。地元産で新鮮でおいしいのですよ。昨年の秋にコンニャク玉を売っていましたので、暖かくなる今年5月頃に植えてみようと思い買ってきました。500円もしました。

保存は13℃以上の暖かい場所がよいらしいので部屋の中に置いていたら、最近になって急に芽が伸びだしてきたのです。1日5cmくらい伸びています。
Img_1778s
ネットで調べてみると、どうやら芽ではなく花のつぼみの様です。

コンニャクの花は昨年の初夏に、近くの植物園で見たことがあります。
Img_2455s
なんとも変わった形で花弁の内側の濃赤色が、私の血尿や血便の色とは違い、また別の美しさがあります。果たしてこんな花が咲くのかとても楽しみですが、この花は案外大きいのです。
Img_2458s
うちのコンニャク玉は小さいのでかわいい花が咲くことでしょう。

まだ外は寒いので部屋の中に置けるように小さめの鉢に植えました。
Img_1781s
花芽を包んでいる表皮の模様が、なんというか深海魚みたいでまたかわいいです。開花すると、とても香しいにおいがするようですよ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

参加ブログカテゴリー

無料ブログはココログ