園芸(洋らん)

2020年4月16日 (木)

洋ランのパフィオペディルムの原種が開花しました

洋ランを育てています。主にパフィオペディルムという種類で、もう20年近くになるでしょうか。冬から春にかけて開花する株が多いのですが、2種類の花が咲きました。
20200416_2081
背が高いのはカローサム(Paph.callosum)でピンク色の2株はデレナティー(Paph.delenatii)という品種で、両方とも原種です。

20200416_2031_20200416151001
 カローサムは13年前に東京渋谷の東急百貨店のらん展で入手した株で、以来ほぼ毎年開花しています。一度開花した株は二度と開花することはないですけど、根もとから新しい株が1株芽を出して育ち、翌年にまた開花します。

20200416_2083
デレナティーは16年前に東京ドームのらん展で入手した株です。地下茎からも新しい株が芽をだすので今では7株に増えてしまいました。

両種とも東南アジアに生育していてワシントン条約で輸出入は原則禁止となっています。他の洋らんの様に組織培養で増やす技術が開発されていないため、花が咲いたあとは捨ててしまう贈答品にはなっていないようです。

機会があれば現地の自然のなかで咲いている姿を見てみたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

参加ブログカテゴリー

無料ブログはココログ